湯道映画ロケ地撮影場所はどこ?湯道体験温泉旅館やホテルも調査!

2023年2月23日(木・祝)に公開生田斗真さんが主演、企画・脚本は放送作家の小山薫堂が手掛けた映画「湯道」のロケ地を調査しました。そして、湯堂を体験できる温泉旅館やホテルも紹介します。ロケ地

生田斗真さんが主演の映画「湯道」が2023年2月23日(木・祝)に公開されますね。

映画「湯道」は、お風呂やお湯のすばらしさを映画として発信すべく企画されたそうで、銭湯「まるきん温泉」の息子で建築家・三浦史朗役を生田斗真さんが演じます。

銭湯「まるきん温泉」を廃業しマンションを建てようと画策する中で、温泉に来るお客さんや周りの人たちとの交流を通じてお湯に魅せられていくという映画「湯道」の気になるロケ地撮影場所や「湯道」を体験できる温泉も調査しました。

「湯道」映画ロケ地撮影場所はどこ?

「湯道」のロケ地撮影場所は、京都府京都市松竹撮影所です。

舞台の中心となる「まるきん温泉」、「街並み」、「湯道会館」はすべて松竹撮影所内に作られた巨大セットで撮影されています。

「まるきん温泉」は190坪を超え、「湯道会館」は150坪と広大なセットというだけでなく、紅葉の庭など本物さながらのクオリティに驚かされます。

撮影は2021年11月上旬から12月下旬に行われ、舞台の中心となるまるきん温泉、そして銭湯に通じる街並みの巨大セットを京都の松竹撮影所内に制作。本物の銭湯さながら、190坪を越える広さで、番台・浴室・天井・ボイラー室、様々な所から壁を取り外して撮影が可能に。浴室に入れるお湯を担当する業者も呼び、実際に浴槽に湯を張るこだわりも。生田、濱田、橋本もこの銭湯のお湯に浸かって撮影を行った。                映画.comより

松竹撮影所
〒616-8152 京都府京都市右京区太秦堀ケ内町12−9

「湯道」映画 作品情報は?

「湯道」映画 企画・脚本は?

「湯道」映画の企画・脚本は、放送作家の小山薫堂さんです。

小山薫堂さんは、2015年より「湯道」を提唱し、湯道初代家元としてお湯の魅力を発信していて、映画「湯道」の構想に約7年の歳月をかけて制作された思い入れの強さを感じますね。

まさに日本人にとっての入浴という行為は、世界でも類稀なる生活文化であり、
その精神と様式を突き詰めてゆくことで一つの「道」になるという想いに至りました。
私たちはそれを「湯道」と名付け、「感謝の念を抱く」「慮る心を培う」「自己を磨く」
という三つの精神を核としながら、日本の入浴文化を世界に発信します。 湯道初代家元 小山薫堂
                                        湯道文化振興会HPより

湯道家元の小山薫堂さんが推薦するエッセイ集「銭湯図解」。
銭湯の図解、見どころ、味わいどころを紹介。
created by Rinker
¥1,650(2024/02/26 15:47:38時点 楽天市場調べ-詳細)

「湯道」映画 スタッフ等

公開日2023年2月23日(木・祝)
監督鈴木雅之
企画・脚本小山薫堂 (脚本は完全オリジナル)
created by Rinker
¥660(2024/02/26 15:47:38時点 楽天市場調べ-詳細)


音楽佐藤直紀
オリジナルサウンドトラック
▼CD / オリジナル・サウンドトラック / 『湯道』(オリジナル・サウンドトラック) / UMCK-1734[2/23]発売
製作大多亮、藤島ジュリーK.、市川南、堂山昌司、中沢敏明、川上純平、弓矢政法、小山薫堂
プロデューサー若松央樹、和田倉和利、厨子健介、山口敏功、加藤達也
ラインプロデューサー森賢正
撮影江原祥二(J.S.C.)
照明杉本崇
美術棈木陽次
録音武進
装飾郷原慶太、竹原丈二
美術コーディネート坪井一春
小道具上田耕治
編集田口拓也
選曲藤村義孝
音響効果壁谷貴弘
スクリプター戸国歩
VFXスーパーバイザー小坂一順
カラーグレーダー齋藤精二
助監督片島章三
製作担当鍋島章浩
配給東宝
制作プロダクションシネバザール

「湯道」映画 キャスト

三浦史朗生田斗真
秋山いづみ橋本環奈
三浦悟朗濱田岳
高橋大作寺島進
高橋瑛子戸田恵子
アドリアン厚切りジェイソン
山岡照幸浅野和之
堀井豊笹野高史
堀井貴子吉行和子
DJ FLOWウエンツ瑛士
太田与一吉田鋼太郎
植野悠希朝日奈央
夙子夏木マリ
風呂仙人柄本明
横山正小日向文世
二之湯薫明角野卓造
横山舞香生見愛瑠
梶 斎秋窪田正孝
小林良子天童よしみ
竜太クリス・ハート
荒井正章梶原善
鎌田一彦大水洋介
山岡由希子堀内敬子
山岡紗良森カンナ
横山雅代藤田朋子

「湯道」を体験できる温泉旅館やホテルはどこ?

小山薫堂さんが提唱する「湯道」気になりますよね。
最近はサウナなどで「ととのう」ことの心地よさを知った方なら、「湯道」も体験してみたい!と思ったのではないでしょうか。
普通の温泉や銭湯、自宅のお風呂などでも「湯道」は体現できますが、初めての方には「湯道」公認の作法を体現できる温泉が始めやすいですよね。
そこで、「湯道」を体験できる温泉はどこか調べてみました。

・ フェニックス・シーガイア・リゾート「おゆのみや」

「湯道」を体験できる温泉は、宮崎県宮崎市のフェニックス・シーガイア・リゾート「おゆのみや」です。

京都市北区にある湯道文化振興会本部には、聖地の湯室がありますが、フェニックス・シーガイア・リゾートの「おゆのみや」は、湯道文化振興会の初の公認湯室です。

2023年2月23日からは、「おゆのみや」を利用した方のうち先着200名に、湯道タオルまたは湯道温心タオルのプレゼントが用意されています。

宿泊プランとは別に予約が必要で、プランによって金額が無料~6,500円(税込み)となっていたり、予約開始日が異なるので、予約の際は公式HPをご確認ください。

また、定員2名(中学生以上)となっているので、小さいお子さんと一緒には入れないのでご注意くださいね。

おゆのみや
茶道にもその世界を体現した「茶室」があるように、湯道にも湯の世界を体現する「湯室」をつくりたいという想いからつくった湯道初の公認湯室。2016年3月オープン。
フェニックス・シーガイア・リゾートの松泉宮にある離れ個室温泉の1室を改装し、宮崎ならではの「湯道」を体現した。天井画、湯船、お軸、桶や椅子に至るまで、多くの職人の高度な技が集約されている。

天井画:日本画家 立山周平
湯船:左官 挾土秀平
お軸:大徳寺真珠庵 第27世住職 山田宗正
籐籠:橋之口幹夫
桶・椅子:日南家具工芸社
空間デザイン:Small Lights 牧田広海

フェニックス・シーガイア・リゾート
〒880-8545 宮崎県宮崎市山崎町浜山

・星野リゾート「界」

現在映画「湯道」を体験できる宿泊プランがある温泉は、星野リゾート「界」です。
宿泊対象期間は2023年2月23日~3月14日ですが、星野リゾート「界」は全国22施設あるので、色々な場所で「湯道」を体験できるのが良いですね。
宿泊期間2023年2月23日~3月14日 (延長する可能性があり)
予約開始2023年1月18日
予約方法専用サイトからWeb予約 *組数限定
対象施設界21施設
料金32,000円~(2名1室利用時1名あたり、税・サービス料込)
含まれるもの夕食、朝食、湯道具(ガイドブック、水吞み、手ぬぐい)、専用湯桶貸し出し

<湯上がり牛乳提供>

期間2023年2月23日~3月14日
対象施設界21施設
場所各施設の湯上がり処(界 阿蘇では各客室にて提供)
料金無料(提供数限定)
星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランド「界」は2023年2月上旬より、映画『湯道』とコラボレーションすることが決定しました。映画『湯道』はご当地キャラクター「くまモン」の生みの親であり、映画『おくりびと』の脚本も手掛けた小山薫堂氏が企画・脚本を務めた“お風呂”をテーマにしたエンターテインメント映画です。公開は2023年2月23日(木・祝)の公開を予定。同映画のワンシーンを追体験できるような宿泊プランを検討中で、詳細は2022年12月頃の発表を予定しています。
温泉旅館「界」で追体験する映画『湯道』
全国の界では、映画のワンシーンを追体験できる宿泊プランを検討中です。映画では登場人物がお湯への感謝や敬意を込めて入浴するシーンや湯上がりのひとときを楽しむシーンが出てきます。界では映画『湯道』で描かれている、入浴の気持ちよさや楽しさを感じてもらえるようなコラボを考案中。詳細は2022年12月頃の発表を予定しています。

「湯堂」映画 楽しむためのグッズを紹介

「湯堂」映画を観たら、すぐ温泉に入りたくなりますよね。
すぐに温泉に行けない人には、「湯堂」の手ぬぐいなどのグッズで温泉気分を味わうのも良いですね。

映画「湯道」 手ぬぐい(白)
映画「湯道」 手ぬぐい(赤)
created by Rinker
¥1,650(2023/04/06 17:36:12時点 楽天市場調べ-詳細)
映画「湯道」 クリアファイルセット
映画「湯道」 湯道 トートバッグ

「湯道」映画 まとめ

2023年2月23日(木・祝)に公開される映画「湯道」のロケ地撮影場所や「湯道」を体験できる温泉を調査してきました。
ほとんどのロケが京都の松竹撮影所に作った巨大セットという力の入れように驚かされました。
温泉やお風呂に入る文化の良さをあらためて気づかせてもらえる映画で、気になる「湯道」を体験したくなってきましたね。
今後も予告映像やTwitter情報からセット以外のロケ地なども調査していきたいと思います。

楽天トラベル

コメント

タイトルとURLをコピーしました